オランダ産ふくろうのプロフィールはこちら

THE BARBA TOKYO DINE&BEAR’S~シャレオツ床屋さん~

日常生活

2018年6月14日、THE BARBA TOKYO DINE&BEAR’Sに行ってきました。http://thebarbatokyo.com/concept

系列店も含めて訪問は4回目でしょうか。今日は床屋さんについて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

床屋さんって若い人がいくの?

「床屋さん」

こう聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。

ダサい?おじさん?角刈り?www

たいがいネガティブなイメージで、「カッコいい!!」みたいなイメージ持たれてる人は少ないでしょうね・・

でもでもでも、そんなことはない!あるんですよ、イカスところが。(私がイカスかどうかはさておき笑)

それが「THE BARBA TOKYO」。

THE BARBA TOKYOってどんなところ?

『男性がオシャレできる空間』『大人の上質な時間』を提供することがコンセプト。

コンセプト通り、まさにクールな雰囲気なんです。実は昔店の前を通ったことがあり、外観がクールなのでずっと気になっていたんですよね。

基本的なコースは、カット後、シェービング・眉剃り・肩回りのマッサージが含まれています。これで5,000円。高いと思われる方もいるかもしれないけど、個人的にはそれだけの価値は十分あるかと思います。

なんで床屋に行く必要があるの?

真っ当な疑問ですね。今どき特に若い人で美意識がある人はほぼほぼ美容院一択でしょうね。

お店の数多いし、安いとこも多いし、いいですよね。Hotpepper beautyというアプリもありますし利便性抜群ですよね。

自分も高校生の頃から大学4年間はひたすら美容院でしたね。メンズカットだと1,000円とかでもありますからね。自分すぐ髪伸びてしまい、月1回髪切らないと気持ち悪くなる質なので、1,000円~2,000円のところでいつもカットしてもらってました。

カットのクオリティも悪くないんですよね。でもなんかね、不満が残ったりする部分あったんですよね。美容院側は予約きつきつに詰め込んでるし、美容師さんはハードワークで疲弊してる感あるし・・・あとは細かいところサービスとか心配りがあまり感じられなかったんですよね。あとは若い女性多いし雰囲気が明るすぎて自分には合ってないと感じてました。笑

 

それで落ち着いた雰囲気で髪を切ってみたいなと思い床屋を探し始め・・・最初は横浜のスカイビルにある「NARITA」(http://yokohamabarber.com/)という床屋に行きつきました。ここ、とてもよかったです。予約できないので並ばなければいけないのですが。土日だとだいたい2時間ぐらい待ちますかね。自分はいつも受付をして、待ち時間は外のカフェ行って勉強したりしてたのでそれはそれで有意義でしたが。

ただその後東京に引っ越したので、NARITAさんは遠くなってしまいました・・その時にたまたま出会ったのがBarba Tokyoでした。

Barba Tokyoは神田・秋葉原辺りに現在は3店舗あるようなのですが、私はまず神田にあるTHE BARBA TOKYOに訪問しました。入った瞬間、店員さんもお客さんもダンディーで(少なくともそう見えて)一瞬怯みましたww

でもみんな気さくだし、すごい自然体な雰囲気で落ち着ける空間でした。

THE BARBA TOKYO各店まとめ

  • THE BARBA TOKYO @神田

初めて訪れた店舗。お店も店員さんも大人なダンディーさを感じさせます。雰囲気は自然体ですし、とても好きです。

  • THE BARBA TOKYO DINE&BEAR’S @岩本町

最近まで通っている店舗。ガラス張りで中見えやすいですし、カジュアルに入りやすい。

たまたまかもしれませんが店員さんは若い人が多い印象。イメージはダンディーというよりはやんちゃ?

  • THE BARBA TOKYO B1 @神田

今日時点では行ったことないです。ただ今通ってる理容師さんが近々こちらの店舗に移られるそうなので今度訪問したいと思います!内装は一番オシャレと聞いたのでワクワクしてます。

おわりに

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

髪の毛はかならずしもカットの品質がよければ満足できるわけでもなく、美容師さん(理容師さん)との人としての相性もあると思います。同じ店でもいろんな方がいるので、是非いろんな店舗・理容師さんを体験いただいて最高のパートナーに巡り合えるといいですね!

個人的には美容院よりも床屋(理容室)推しですが、美容院でもいろいろあるかもしれません。良い情報あればシェアさせていただきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました