オランダ産ふくろうのプロフィールはこちら

英語学習方法について。英会話スクール流行りすぎ?

語学

英語学習。多くの日本人が悩んでいますよね。先日本屋で目について買った本が予想以上に納得でき、エキサイティングなものだったので英語学習について改めて考えてみたいと思います。

私自身は中学生あたりから英語がすごい好きで、いろいろ試行錯誤しながら英語学習してきていて、大学時代には1年間オランダに留学してました。そんな立場から、英語学習について思いを巡らせてみたい。

スポンサーリンク

三木さんって誰?ソフトバンクの秘書ってすごいの?

本のタイトルは『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる』(三木雄信)というもの。本の執筆者を見てまず、「この人誰・・」。まずはこの疑問でした。語学(特に英語)の学習本は世の中溢れかえっていますが、なんかインチキ臭いものが多いように個人的に感じています(本読み終わって、「でどうすればいいの?」みたいな状態に陥る本)。

この本もそんか感じかな~と正直思いながら手に取りました。そしてソフトバンクで孫正義の秘書を務めた方という紹介があったわけですが、そのすごさが全くわからず・・・。秘書って正直すごい人がやるイメージを持っていなかったですすみません・・・

ただ本を読み進めるうちに、この方が化け物的にすごい人だということがわかるようになります。

どこらへんがすごいの?

要は技能の習得という目標に向かって、とにかく「徹底的にやる」ことです。よくいろんな英語学習法を彷徨って、学習本ばかりがたまっていき技能が向上しないということがありますが(自分もよく彷徨います笑)、この方はとにかく一つ一つを徹底的にやりますね。やると決めたらやる。例えば朝早起きして、毎日4時間を学習時間に充てるなど。社会人されてる方なら、「仕事と同時並行でこんなことできるのか!」みたいな感じを受けると思います。

何事もそうですけど、成功者はやっぱり「没頭する力」がすごいです。

そんなにがんばれるわけないって?

その通りですwww 本読む限り三木さんは超人的にすごい人です笑

では他の我々一般庶民はどうすればいいのでしょう。没頭する努力は必要ですが、しようと思ってできるもんでもない。であれば、極力効率的な方法で学習を進めるしかない。

三木さんの本ではいくつかの学習法が紹介されていますが、個人的にこれだ!と思うのは何といっても英語の映画もしくはドラマをひたすら見ることですね。英語字幕→日本語字幕→字幕無し、という順番で何度も。飽きちゃうかもしれないけど、反復が大事ですよね。同じシーンを何回も見る。

そして大事なことが、、、映画を見るだけでは上達しないと思います。え?どういうこと?

ひたすらインプットだとやっぱり学習のスピードって遅いと思うんですよね。何事もアウトプットしながら学習すると早い。そこでお勧めしたいのが、「シャドウィング」です。映画の話者が話すすぐ後に続けて自分も発声する。これ、めちゃめちゃ難しいんですよね。試しに日本語のニュースでも見ながらやってみてください。日本語ですら100%はできなかったりしませんか?(自分が単に日本語弱いやつだったらすいませんw)。これを英語でやるっていうんですから大変です。でも同じシーンを何度も繰り返しているといつの間にか「あれ、ちょっと話せてるかも」みたいな感覚に浸れるかもしれません。

目安としては、社会人の方であれば1本の映画に2~3か月かけていいと思います。それほど1本の教材をやり抜くことは大事。結局ある程度は徹底してやらないと何事も上達しないですね。三木さんほどは難しいですが笑

英語学習をする全ての方にお伝えしたい

英語学習について、多くの日本人の方は偏見といいますか、なにか勘違いをされている方が多いように感じます。

英語の聞く・話す能力は間違いなく必須のものです。できてすごいものではない。日常のコミュニケーションを取るためのツールなんです。英語ができて崇められる風潮が自分はあまり好きではありません。日本人はもっとできる!と思いたい。

またよく聞くのが、「英語だけ話せても意味ないよ」「伝えたいと思うものがあって初めて英語が役に立つ」「英語だけできるやつなんて今どき腐るほどいるからほかのスキル磨いたほうがいい」等々。間違いではない部分もあると思います。でもこのようなことを聞く度にいつもなんか引っかかる想いがありました。なんだろうなーと思っていたんですが、それはおそらくそのような発言をする人が、英語ができない言い訳をしているだけ、のように感じられるからなんだなと最近思います。

また最近の英会話スクールの乱立にも違和感を感じます。え、矛盾してる?ええ、英語を学ぼうという人が増えているのは素晴らしいと思います。ですが問題が、英会話スクールに高額な費用を払って、その成果は?、と問いたいです。英会話スクールに週1~2回行って、ネイティブとちょっとお話する。しかもこちらはお客様なのでネイティブの先生はある程度気を遣いながらレッスンを進める。こんなことで真の英会話能力が身につくのでしょうか。

やばい少し過激になってしまったかも。

でも英語学習方法で試行錯誤してきたからこそ、皆さんにはぜひ効率よく学習を進めてほしいんですよね。海外からなめられることが多い日本人ですが、まずは英語力、そして専門性を身につけて世界での存在感をアピールしたいですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました