オランダ産ふくろうのプロフィールはこちら

歯医者の言うことを聞いているとボロボロになるというお話。

読書履歴

衝撃的なタイトルで失礼します。でも少なくともこの本を読んで衝撃を受けました。

もともと私は医療関係の常識は信用していないのですが、昔から虫歯が多くて困っていました。小学生高学年あたりの時にスポーツドリンクの飲みすぎで前歯が溶けてしまったり、甘いもの好きが災いして毎年数本虫歯ができてしまうということをもう20年間近く続けてしまっているわけですね。

そんな時この本に出会い、衝撃を受けすぎて著者がやられている、「小峰歯科医院」に訪問してきました(2018年8月)。訪問した際の感想は別記事「小峰歯科医院(埼玉県)訪問。歯を削らない虫歯治療『ドックベストセメント治療』を初体験!」にて公開してますのでよろしければお読みいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

自然治癒力が虫歯を治す?(14~19頁)

ほんとかよ、という感じですよね。歯が痛くなったら歯医者さんに普通は行きますよね。で、「虫歯ですね~」と言われて当たり前のように削られて銀歯を詰められる。でももしかしたら削らなくてもいいかもしれないらしいのです。人間には自然治癒力があるのだから、軽度のものであれば自然に治ると。ただ後述しますが、そのためには条件があって正しい食生活を送ることで身体が「正常な状態」にあることが必要そうです。

歯医者に行くと不健康になる?(22~44頁)

何もなくても定期的に歯医者に通ってる私としてはまあなんとも悲しいお知らせ・・。悪徳な歯医者さんはどこまでいるかわかりませんが、少なくとも歯医者さんは営利活動ですし、現行の日本の法制度のもとでは、患者さんにベストな治療が施されているとは考えづらいです。小峰先生は「歯は削れば削るほどもろくなる」という考えの人で、「歯は少しでも削られた瞬間、いつか歯を抜かなければならない運命にさらされたことになる」と言われています。
つまり、本来人間の自然治癒力を生かし、歯は極力削らずにいるべきなのに、そんなことをしていは歯医者さんの経営は立ちいかなくなるので、多くの歯医者は安易に削って銀歯を詰めるという治療を選択しているわけです。

歯磨きは必要?(57頁)

当然歯磨きは必要ですね(笑)。ただ注意点があり、「食後すぐに歯を磨いてはいけない」(57項)ようです。さらには、「頻繁に歯を磨くと虫歯ができる確率を高める場合もあります」(57頁)とのこと。朝昼晩、歯を磨いているのになんで虫歯ができるんだ!?、と日々憤っていた私からすると衝撃でした。

どうやら原理としては、
食事をして歯についた酸性の食べ物が歯の表面のエナメル質をやわらかくする
→唾液が再石灰化をしてくれるので30分経てば元通り。
↑食後すぐに歯磨きをしてしまうと、エナメル質をごっそり削り取る&再石灰化を妨げてしまうとのこと。あちゃー、完全にやってましたね・・・。

酸性は悪の根源(117~121頁)

こちらの歯医者に行くと、大概まず唾液チェックをしてpH値を測るようです。そして虫歯の人はほぼ全て酸性に偏っているようです。酸性であることはつまり何もしなくても唾液で歯が溶けてしまうということです。なので虫歯を治すのも必要ですが、まずは体質改善をして中性もしくはアルカリ性に身体の状態を持っていかないと根本的改善にはつながらないのです。

根本的な身体状態改善に向けて、日々の食生活では以下のことに注意するべきようです。
肉食べられないの辛い・・・数日間動物性タンパク質断つ生活しましたがあまりにも元気でなくて大変だったので、少しずつ慣らそうと思っています・・・

摂るべきもの(アルカリ性食品)(119項より抜粋)

  • 野菜(ほうれん草・ごぼう・サツマイモ・人参・里芋)
  • くだもの(メロン・レモン等)
  • 海藻(ひじき・ワカメ・昆布等)
  • キノコ、干し椎茸、大豆など

避けるべきもの(酸性食品)(120頁より抜粋)

  • 肉類(豚肉・牛肉・鶏肉等)
  • 魚類
  • 砂糖
  • 穀類(米等)

砂糖との付き合い方

「砂糖は基本的には摂るべきものではない」、というスタンスですね。「砂糖をやめれば、虫歯の約9割は予防することができる」(60頁)とのこと。砂糖が虫歯の原因になっているのは自覚してましたが、お菓子・スイーツ大好き人間の私にはなかなかやめることができず・・・。でもやっぱりやめないといけないですね!ちなみに砂糖は中毒性があって、お菓子・スイーツメーカーはそのあたりかなり研究をしているみたいですが、どのように消費者を継続して獲得しているか、リサーチしてみたいですね。

歯を削らない治療法『ドックベスト治療』(72~93頁)

これ、画期的な治療法です。詳しいことは私も理解できているわけではないですが、結論は歯を削らずに虫歯を治せる治療法です。より具体的にはセメントの一種(歯の成分から成る)を虫歯部分に塗り込むと除菌及び再石灰化を促してくれるというもの。最高じゃないですか!!虫歯できても歯を削らなくてもいいんですよ?治療時間10分で、しかも歯を削るわけではないので当然麻酔も不要です。

こんな素晴らしい治療法があるなら、虫歯治療の標準にしてほしいですよね?でもダメらしいですね。こんな素晴らしい治療を標準にしてしまうと虫歯が再発することはないし、多くの歯医者が経営できなくなってしまうと・・・。医療業界界隈はこういう話が多いから好きではないんですよねえ。患者側が勉強して賢くならないといけないですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました